マンガとアニメの疑問

魁男塾は脇役も光っていた

魁男塾は脇役なども光っている漫画だと思っています。ちなみに、最強は江田島平八ですね。
  • HOME

魁男塾の激闘

魁男塾は週刊少年ジャンプで1985年から1991年に連載された宮下あきらの漫画です。

漫画だけではなくテレビアニメ、実写映画化もされるほどのヒット作品となりました。

ストーリーはとても単純で、全国から行き場のなくなった不良たちがスパルタ教育を行っている男塾にて友情をはぐくんだり、死闘をしたりとさまざまなことをギャグテイストでお送りする作品となっています。

上級生や多孔性とバトルをしたり格闘トーナメントが開かれたりと、徐々にギャグだけではなくバトル要素も強くなっていきましたが、全34巻という長編人気作品となりました。

物語のキャラクターは不良たちではありますが、中国拳法など武術の達人が多く存在し、主要人物まんべんなく見せ場が与えられているというのも物語の魅力の一つでしょう。

さまざまな技を用いたトリッキーな戦い方も魅力ですし、もちろんギャグ要素も面白いと評判です。

魁男塾本編は学校生活編に始まり驚邏大四凶殺編、大威震八連制覇編、天挑五輪大武會編、七牙冥界闘編、風雲羅漢塾編と大きくわけて6つの編にわかれて構成されています。

江田島平八は国士無双の人材

江田島平八は魁!!男塾の漫画に出てくるキャラクターです。

人気のあるキャラクターで、魁!!男塾だけではなく、その派生作品である天より高くなどにも出演しています。

男塾塾長で元海軍少将という立場の大型な男性で、身長195cm、体重115kg。

スリーサイズはB135 W100 H132という強靭な肉体を持っています。

ゲームにも出演していて、天下無双 江田島平八伝では主役を務めるほどのキャラなのです。

武人として超一流の江田島平八は、さまざまな戦いに勝利し明言を残しています。

派生作品である天より高くの世界では男塾塾長ではなく元男塾塾長となっていて、一度は死に至ります。

しかしその後あっさりと蘇生し元気になり、魁!!男塾で見せたような元気な姿をたくさん見せてくれるのです。

必殺沢はゲームでも使われている剛拳一発をはじめ、千歩氣功拳、弾丸掌破取り、大和魂パンチ、飛翔回転蹴りなど強力なものばかりです。

特に飛翔回転蹴りは空中ですさまじく回転しながら相手をけり倒すという蹴り技となっています。

魁!!男塾の中でも欠かせないキャラクターでしょう。

藤堂兵衛は悪役?

藤堂兵衛は魁!!男塾に登場するキャラクターです。

江田島の最大の天敵ともいわれているキャラクターで、戦前は伊佐武光と名乗っていました。

藤堂兵衛は戦時中に日本軍が不利になった際に日本軍を裏切り米軍に命を打ったため江田島に狙われるようになります。

財力が武器として有名なキャラではありますが、それだけではなく拳の腕も素晴らしく、瞬間移動と見まごうような俊足を持っている強敵です。

その力は巨牛を一刀両断するほどだともいわれています。

また、藤堂兵衛は一度は海に落とされたものの手術で復活するなど、まるで不老不死のような活躍をします。

一度倒しても何度もよみがえることから、より江田島の強敵となったのでしょう。

続編である暁!!男塾にも登場しますが、その際はマスクマンとなり男塾塾生を支援するポジションとなりました。

江田島との出会いは長く、その様子は江田島平八伝にて語られます。

江田島平八伝は江田島平八の生涯を描いた大河ロマン漫画ではありますが、こちらもコミカルでとんでも大河作品と呼ばれているほどでが、藤堂兵衛の活躍を見たいのであれば江田島平八伝もおすすめです。

民明書房は実在するのか?

民明書房は魁!!男塾の作品にたびたび登場した架空の出版社名です。

民明書房に掲載されている解説はすべてフィクションではありますが、作者が絶妙なラインで記載したため、もっともらしいエピソードばかりが乗っていて読者が信じてしまうことも多々あったといわれています。

また、実際に民明書房があるのかと思い探す人まで出たほどです。

民明書房は1926年創業の出版社で、東京神田神保町に存在します。

創業当初は経営不振状態ではありましたが、その後中国拳法と使う老人と出会って武術所世界の怪拳・奇拳を刊行し話題となりました。

続編の曉!!男塾 青年よ、大死を抱けなどでも民明書房の解説はあります。民明書房の創業者でもある大河内民明丸は登場します。

あくまで作中の出版社としての出演ではありますが、作中の民明書房主催の漫画賞「民明漫画賞」を受賞するほどとなっています。

民明書房に似た演出をまねる漫画は増え、特にジョジョの奇妙な冒険では民明書房の旅行ガイドが登場するほどです。

作中の出典数も驚くほど豊富でコミカルな題材の書籍も多いでしょう。


Copyright (C) 2016 マンガとアニメの疑問 All Rights Reserved.

Page Top